記事のトップ画像

おけいこについてお教えます。水泳教室(幼児・小学生)の費用・メリット・選ぶ時のポイント

更新日:2018年1月24日

子供のおけいことして人気のある水泳教室。そのキッカケは、水嫌いを克服させたいなといった親の思いや、丈夫な体づくり、小学校の授業にむけて泳げるようにしておきたいなどそれぞれだと思います。 この記事では、費用・メリット・選ぶ時のポイントなど、入会前に知っておきたいことを紹介します。

水泳教室の検索はこちらから

スポンサーリンク

水泳教室ではなにをするのか?

授業の始めには準備体操と出欠確認を行い、クラス別の授業が行われます。休憩をとりながら、1回の授業は60分〜80分ほどです。

一般的に水泳教室では「水になれること」、「基本の泳法が上手に泳げるようになること」、「速く泳げること」を目的とした、大きく3つのステップがあります。

水になれることを目的としたクラスでは、両手にヘルパーを付け、水への恐怖心を減らします。また、授業の内容も飽きないように遊びも取り入れることで、楽しみながら学ぶ工夫がされています。

数カ月に1回のペースで進級テストが行われる水泳教室もあります。泳ぎ方や距離をクリアしながら、クロール→背泳ぎ→平泳ぎ→バタフライといった具合に、徐々にステップアップするカリュキュラムになっています。4種目泳げるようになった後は、「より速く」を目標に、チャレンジしていきます。

記事の途中の画像 水泳教室の検索はこちらから

水泳教室に通い始める年齢

多くの水泳教室では、3歳以上でおむつが外れていれば通うことが可能です。3歳になったタイミングや、幼稚園入学・小学校入学といったタイミングで始める方が多いです。

水になれたり、幼稚園などの集団生活が始まる前にならしておきたいといった目的がある場合には、早い年齢からがおススメです。

小学校の水泳授業を意識したり体力づくり・丈夫な体づくりを目的の場合は、通い始める年齢は関係なく、いつからでもスタートできます。

水泳教室でかかる大体の費用

かかる費用は、入会時にかかる費用・毎月かかる費用・授業に必要な費用があります。

・入会時の費用:5千円〜1万円
教室の入会金は5千円〜1万円前後です。期間限定で割引や無料になる教室もあるので、教室のホームページを確認してみましょう。

・月謝:5千円〜1万円
授業料の他にスクールバスの料金(500円〜)などがかかる場合があります。自動振替や引き落としなどの前払いが一般的です。

・授業に必要なもの:1万円前後
スクール指定のバッグ・水着・帽子などの他にゴーグル(1000円~3000円)や、幼児や小学校低学年ではヘルパー(1000円~2000円)なども必要です。

記事の途中の画像 水泳教室の検索はこちらから

水泳教室に通うメリット

体全体を使う水泳は、子供たちの心身に影響を与えます。それぞれの視点からそのメリットを紹介します。

【幼児期】
①恐怖心がなくなり、シャワーやお風呂の時間が楽しくなる
②できた!という自信がつく
③風邪をひきにくくなる
④ご飯をよく食べ、夜もぐっすり眠れる

【小学生】
水泳の授業の苦手意識がなくなるだけでありません。
①体力がつく
②バランスのよい筋肉がつき、しなやかな体になる
③脳が活性化、ストレス発散などの効果がある
④目標に向かって練習、挫折、乗り越える喜びなど経験できる

【親】
親からみたメリットも、実は見逃せません。
①買い替えは帽子・水着だけで比較的安価
②スクールバスがあり子供が一人で通いやすい
③長期休暇や放課後の居場所の一つになる

水泳教室を選ぶときのポイント

安心して通うためにも、事前にチェックすべきポイントを紹介します。幼児期に水泳教室に通う場合にチェックすべきポイントです。

①お着替えコーナー
幼児用のお着替えコーナーや、更衣室のルールを確認しましょう。共通の更衣室なら、サポートする親の性別で更衣室が分けられている方がベターです。
②先生の人数
ペルパーをしているクラスは、いつ何が起こるかわかりません。子供の人数に合わせ、先生の人数が増員できるシステムが整っていると安心して預けることができます。

次に、小学生が水泳教室に通う場合にチェックすべきポイントです。
③スクールバス
スクールバスの有無だけでなく、バスの運行経路、乗車・降車場所や時間などもチェックすると良いです。
④ランドセルの扱い
学校の帰りにそのまま水泳教室に通うこともあります。ランドセルや学用品などの取り扱いについて、忘れず確認しておきましょう。
⑤授業時間
授業時間や1日の授業数、振替のシステムは要チェックです。学年が上がった時や、他の習い物などとの時間調整がしやすくなります。

記事の途中の画像

まとめ:水泳教室

幼児の場合は着替えや先生などの安全性を、小学生の場合は、1人で通うことや時間的な選択肢もしっかり確認することが、続けやすい水泳教室の選び方のポイントです。

もちろん、スクールのホームページから費用や授業時間など、口コミなどからスクールの雰囲気はつかめます。しかし、口コミが良くても自分に合っているとは限りません。体験コースを受けながら、今回紹介したポイントをぜひチェックしてみてください。

水泳教室の検索はこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク

プレスポのサービスのご案内

プレスポクラブ
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。
プレスポスクール
あなたにぴったりのスポーツ教室を見つけましょう。 スポーツ教室の検索はこちらから。

関連記事はこちら。

107:バレエ教室のおけいこ(幼児・小学生)
バレエ教室(幼児・小学生)の費用・メリット・選ぶ時のポイントなどを紹介します。
続きはこちら
103:カーリングの歴史とルールその魅力
カーリングの歴史とそのルール・観戦の魅力に関して、ご紹介します。
続きはこちら
102:平昌オリンピックフィギュアの展望
平昌オリンピック:日本フィギュアスケートのメダルの可能性を展望してみます。
続きはこちら
101:オリンピック競技の変遷
オリンピック競技の変遷と採用基準に関してご紹介します。
続きはこちら