第6回アンケート結果:最も記憶に残っているオリンピックのシーン

更新日:2017年4月3日
アンケート, オリンピック

アンケートについて

第6回プレスポアンケートにご参加いただいた皆様、ご参加いただきましてありがとうございました。

第6回プレスポアンケートのトピックは「もっとも記憶に残っているオリンピックのシーンは?」でした。それでは、結果の発表です。

スポンサーリンク

アンケートの結果

票数が多い順に並べた「もっとも記憶に残っているオリンピックのシーン」は以下の通りでした。
最も記憶に残っているシーン
順位オリンピック選手/チーム
1位シドニー高橋尚子
2位北京北島康介
3位リオ陸上男子リレー
4位リオ体操男子団体
5位長野スキージャンプ男子団体
6位トリノ荒川静香

票数第1位は高橋尚子選手がシドニーオリンピックで金メダルを獲得したシーンでした。サングラスを投げた場面も有名ですが、やはりゴールした瞬間が記憶に残っている方が多かったです。

第2位は北京オリンピックで北島康介選手が金メダル獲得後のインタビューで「なんも言えねぇ」と言ったシーンでした。「なんも言えねぇ」は2008年の流行語大賞にもノミネートされ、多くの人の記憶に残っています。

第3位はリオオリンピックの陸上男子リレーでケンブリッジ飛鳥選手とボルト選手が並んだ瞬間でした。日本が短距離陸上で金メダルを取れるのではないかと思い、日本人全員が興奮した瞬間でしたね。

第4位はリオオリンピックの体操男子団体が金メダルを獲得したシーン、第5位は長野オリンピックでスキージャンプ男子団体が金メダルを獲得したシーン、第6位はトリノオリンピックで荒川静香選手が金メダルを獲得したシーンでした。

東京オリンピックでの記憶

1964年東京オリンピックが記憶に残っているという方も大勢いらっしゃいました。

女子バレーで金メダルを獲得したシーンが記憶に残っているという方や、白黒テレビでみた入場シーンが忘れられないという方もいらっしゃいました。 2020年の東京オリンピックも多くの人の記憶に残るようなオリンピックになってほしいですね。

プレゼント当選者の発表

プレゼント当選者は、福島県わたるさん、兵庫県近藤さん、愛知県ブルーベルさん、群馬県小林さんの4名です。おめでとうございます。ご応募いただいたメールアドレス宛にアマゾンギフト券をお送りいたします。

次回のアンケート

次回のアンケートはこちらです。ぜひご参加ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

スポンサーリンク

プレスポクラブの募集

プレスポクラブの募集
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。

関連記事はこちら。

073:ローラースポーツ
東京オリンピック新規追加競技のローラースポーツ、どのような種目なのか、どのようなルールなのか解説します。
続きはこちら
070:空手
東京オリンピック新規追加競技の空手、ご存知のスポーツ種目とは思いますが、種目やルールとなると詳しく知らない人も多いかもしれませんね。
続きはこちら
068:サーフィン
東京オリンピック新規追加競技のサーフィン、ご存知のスポーツ種目とは思いますが、どのように勝敗を決めるのでしょうか
続きはこちら
065:スポーツクライミング
東京オリンピック新規追加競技のスポーツクライミング、どんな競技なのでしょうか、日本選手のメダルは期待できるのでしょうか
続きはこちら