サーフィン

更新日:2017年3月8日
オリンピック, ニュースポーツ

サーフィンは東京オリンピック追加競技

サーフィンは野球・ソフトボール、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミングと一緒に東京オリンピックに追加された競技です。

サーフィンのことは知らない人は少ないと思いますが、実際に競技を見たり参加したことのある方は少ないかもしれないですね。

サーフィンの種目や勝敗のつけ方

オリンピックでのサーフィンの種目はショートボード(男/女)の2種目です。

ショートボード以外にロングボード・ボディボードとあるのですが、一番メジャーなショートボードが採用されたようです。

勝敗のつけ方は、体操と同じように審判によるジャッジの得点によるものです。

ほぼすべての大会ではベスト2ウェーブ制が採用されています。3人~5人の審判が採点を行い、最高点と最低点をカットし、平均した結果がそのライディングの得点となります。 1ヒート(1回の組み合わせ)の中で上位2つの合計点を競います。

ジャッジメントのポイント

得点の対象は波の上でボードの方向を変えることであり、マニューバーと呼ばれています。また、評価は以下のような基準です。

・クリティカルセクション
クリティカルセクションとは崩れそうな波のことであり、クリティカルセクションは難易度が高いため、高得点となります。

・スピード、パワー、フロー
フローとは、スムーズに減速せずに波に入れたかという評価点です。

・革新的で斬新なサーフィン

・難易度

・積極的

・結合性、多様性を備えたマニューバー
1回のライディング内でのマニューバーの組み合わせによって評価点を上げることができます。

東京オリンピックでの開催地

東京オリンピックでのサーフィンの開催地は千葉県の九十九里浜が最有力のようです。

他の候補地としては、東京からのアクセスを考えて、神奈川県の湘南か静岡県の伊豆下田あたりが挙げられます。

サーフィン検定

サーフィンを始めたばかりの方は、NSA(日本サーフィン連盟)が検定しているサーフィン検定を目指すと良いと思います。5級~1級まであります、 また、初心以外の方も技術向上も含めて、検定を受けてみると良いと思います。(受験料は2000円、認定料は3500円です。)

オリンピック追加競技になったサーフィン、是非参加・観戦してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

プレスポクラブの募集

プレスポクラブの募集
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。

関連記事はこちら。

065:スポーツクライミング
東京オリンピック新規追加競技のスポーツクライミング、どんな競技なのでしょうか、日本選手のメダルは期待できるのでしょうか
続きはこちら
044:フィギュアスケート Road to 平昌
平昌オリンピックまでにどういった大会があるのか、過去の結果から分析して大会の結果とオリンピックの結果がどのように関係しているのか
続きはこちら
035:聖火リレー
東京オリンピックでの聖火ランナーはどうやってなれるのか?誰が最終聖火ランナーか?を予想します。
続きはこちら
017:アンケート結果:オリンピック新競技見たいのは?
第2回アンケート:オリンピック新競技見たいのは?の結果発表です。
続きはこちら