データ室:テニスグランドスラムの優勝・準優勝

更新日:2017年2月10日
データ, テニス

表示年数の入力

表示終了年
表示開始年
選手名  

2017年のグランドスラム結果

2017年グランドスラム
順位選手大会
全豪ロジャー・フェデラー1位
全豪ラファエル・ナダル2位
全豪錦織圭16位

2016年のグランドスラム結果

2016年グランドスラム
大会選手順位
全豪ノバク・ジョコビッチ1位
全豪アンディ・マレー2位
全豪錦織圭8位
全仏ノバク・ジョコビッチ1位
全仏アンディ・マレー2位
全仏錦織圭16位
ウィンブルドンアンディ・マレー1位
ウィンブルドンミロシュ・ラオニッチ2位
ウィンブルドン錦織圭16位
全米スタン・バブリンカ1位
全米ノバク・ジョコビッチ2位
全米錦織圭4位

2015年のグランドスラム結果

2015年グランドスラム
大会選手順位
全豪ノバク・ジョコビッチ1位
全豪アンディ・マレー2位
全豪錦織圭8位
全仏スタン・バブリンカ1位
全仏ノバク・ジョコビッチ2位
全仏錦織圭8位
ウィンブルドンノバク・ジョコビッチ1位
ウィンブルドンロジャー・フェデラー2位
ウィンブルドン錦織圭64位
全米ノバク・ジョコビッチ1位
全米ロジャー・フェデラー2位
全米錦織圭128位

2014年のグランドスラム結果

2014年グランドスラム
大会選手順位
全豪スタン・バブリンカ1位
全豪ラファエル・ナダル2位
全豪錦織圭16位
全仏ラファエル・ナダル1位
全仏ノバク・ジョコビッチ2位
全仏錦織圭128位
ウィンブルドンノバク・ジョコビッチ1位
ウィンブルドンロジャー・フェデラー2位
ウィンブルドン錦織圭16位
全米マリン・チリッチ1位
全米錦織圭2位

2013年のグランドスラム結果

2013年グランドスラム
大会選手順位
全豪ノバク・ジョコビッチ1位
全豪アンディ・マレー2位
全豪錦織圭16位
全仏ラファエル・ナダル1位
全仏ダビド・フェレール2位
全仏錦織圭16位
ウィンブルドンアンディ・マレー1位
ウィンブルドンノバク・ジョコビッチ2位
ウィンブルドン錦織圭32位
全米ラファエル・ナダル1位
全米ノバク・ジョコビッチ2位
全米錦織圭128位

2012年のグランドスラム結果

2012年グランドスラム
大会選手順位
全豪ノバク・ジョコビッチ1位
全豪ラファエル・ナダル2位
全豪錦織圭8位
全仏ラファエル・ナダル1位
全仏ノバク・ジョコビッチ2位
ウィンブルドンロジャー・フェデラー1位
ウィンブルドンアンディ・マレー2位
ウィンブルドン錦織圭16位
全米アンディ・マレー1位
全米ノバク・ジョコビッチ2位
全米錦織圭16位

2011年のグランドスラム結果

2011年グランドスラム
大会選手順位
全豪ノバク・ジョコビッチ1位
全豪アンディ・マレー2位
全豪錦織圭32位
全仏ラファエル・ナダル1位
全仏ロジャー・フェデラー2位
全仏錦織圭64位
ウィンブルドンノバク・ジョコビッチ1位
ウィンブルドンラファエル・ナダル2位
ウィンブルドン錦織圭128位
全米ノバク・ジョコビッチ1位
全米ラファエル・ナダル2位
全米錦織圭128位

2010年のグランドスラム結果

2010年グランドスラム
大会選手順位
全豪ロジャー・フェデラー1位
全豪アンディ・マレー2位
全仏ラファエル・ナダル1位
全仏ロビン・ソダーリング2位
全仏錦織圭64位
ウィンブルドンラファエル・ナダル1位
ウィンブルドントマーシュ・ベルディヒ2位
ウィンブルドン錦織圭128位
全米ラファエル・ナダル1位
全米ノバク・ジョコビッチ2位
全米錦織圭32位

スポンサーリンク

プレスポクラブの募集

プレスポクラブの募集
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。

関連記事はこちら。

049:データ室:J1の順位表
J1の1993年から2016年までのJリーグJ1の年度別順位表を閲覧いただけます。チームを指定して年度別の順位を閲覧することもできます。
続きはこちら
048:データ室:プロ野球年度別順位表
プロ野球の1970年から2016年までのシリーズをセリーグ・パリーグ別に閲覧いただけます。
続きはこちら
047:サッカークラブ収益ランキング
サッカークラブ収益のランキングについて記載いたします。
続きはこちら
046:FCバルセロナの運営
FCバルセロナの運営がソシオ会員によるものだってご存知ですか?ソシオ会員について記載いたしました。
続きはこちら