FCバルセロナの運営

更新日:2017年1月16日
ビジネス・お金, サッカー

FCバルセロナの収益

サッカーをあまり観戦したことのない方でもFCバルセロナというチームをご存じですよね。 史上最高のサッカー選手とも称されるメッシ選手やブラジル代表のネイマール選手など数々のスター選手が所属しているサッカークラブです。

収益もとても多く、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社が公表しているFootball Money Leagueによると、 €560,800,000(日本円で約600億円)の収益があり、サッカークラブの中で世界2位の収益です。

サッカークラブ収益順位2014/2015 (Football Money Leagueより)
順位サッカークラブ収益(1Million€)
1位Real Madrid577.0
2位FC Barcelona560.8
3位Manchester United519.5
4位Paris Saint-Germain480.8
5位Bayern Munich474.0
6位Manchester City463.5
7位Arsenal435.5
8位Chelsea420.0
9位Liverpool391.8
10位Juventus323.9
11位Borussia Dortmund280.6
12位Tottenham Hotspur257.5
13位Schalke 4219.7
14位AC Milan199.1
15位Atléticode Madrid187.1
16位AS Roma180.4
17位Newcastle United169.3
18位Everton165.1
19位Internazionale164.8
20位West Ham United160.9

グローバルに人気なFCバルセロナ

日本でも高い人気を得ているFCバルセロナですが、世界中からの人気を獲得しています。一つ興味深い指標としてFCバルセロナのウェブサイト言語別アクセス数をご紹介します。

FCバルセロナのウェブサイト言語別アクセス数 (「ゴールは偶然の産物ではない」より)
順位言語アクセス数比率
1位英語0.44
2位スペイン語0.37
3位カタルーニャ語0.17
4位日本語0.02
5位中国語0.01

スペイン語よりも英語の方がFCバルセロナのサイトを閲覧している回数が多いことが特徴的ですね。

ソシオ会員による運営

欧州のサッカークラブは富豪のオーナーがいるというイメージがありますが(チェルシーのロマン・アブラモヴィッチオーナーによる影響でしょうか)、 FCバルセロナにはオーナーがおらずソシオ会員という非営利団体によって運営されています。

ソシオ会員は世界中に約14万5千人おり、ソシオの投票によってクラブの会長や経営陣を決定しています。

FCバルセロナの人気が世界的である一方で、ソシオ会員はカタルーニャ在住91%・スペイン在住6%・その他3%と、本拠地であるカタルーニャに在住しているソシオ会員が多く、地域に密着した構成になっています。 地域の意見を強く取り入れながら、世界的な人気を獲得していると言えるでしょう。

ソシオ会員について

ソシオ会員の特典・入会金・年会費・入会条件は以下の通りです。

・特典
①発言権・議決権を持ち、運営に参加できる。
②チケットを優先的に取得できる。

・入会金
なし
・年会費
€170
・入会条件
1親等または2親等の家族にソシオ会員がいる(入会条件が厳しいため、日本人が新しくソシオ会員になることは難しいかもしれません。)

ソシオ会員の年会費は1人€170であり、全ソシオ会員14万5千人で€24,650,000(約30億円)の収益が毎年見込めます。

ソシオ会員制度とFCバルセロナ

FCバルセロナは「クラブ以上の存在」というスローガンを掲げていますが、サッカーを通して、地域のコミュニティーを育て子供たちを育む・世界をより良い環境に改善するというような社会貢献的な側面があります。 ソシオ会員という非営利団体での運営によって可能となったスローガンであると思います。

またユニホームの胸にスポンサーのロゴを印刷することが一般的であるのに対して、2005年までFCバルセロナのユニホームの胸にはスポンサーのロゴが無く、 2011年までもUNICEFFのロゴを印刷し、UNICEFFからスポンサー費用を受け取らず、UNICEFFへ寄付をしていました。(現在は楽天とスポンサー契約をしている。)

上記のようなFCバルセロナの特徴はソシオ会員制度に依る特徴と言えます。

スポンサーリンク

プレスポクラブの募集

プレスポクラブの募集
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。

関連記事はこちら。

043:スポーツ選手のセカンドキャリア
プロスポーツ選手のセカンドキャリアを解説します。
続きはこちら
041:力士の給与
力士の給与の計算方法を解説します。2016年の白鵬の給与を計算してみました。
続きはこちら
039:一番稼いでいるスポーツ選手
トッププロスポーツ選手といえば、高給のイメージですよね。野球、サッカー、競艇、競馬、ゴルフで一番の高給は誰でしょうか?
続きはこちら
036:プロスポーツ選手
体操の内村選手がプロ宣言をしました。スポーツ選手におけるプロとはなんでしょうか?
続きはこちら