スポーツ選手が著者の書籍

更新日:2016年7月28日
雑学

最近のベストセラー

2010年~2015年で売り上げベスト20(年間)に入っている書籍です。

・2014年:
長友佑都体幹トレーニング20(長友佑都)

・2012年:
采配(落合博満)

・2011年:
心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣(長谷部誠)

日本男児(長友佑都)

長友佑都選手の書籍

5年間に4冊しかないベストセラーの中で、日本代表の長友佑都選手の書かれた書籍は2冊もあり、作家としても超一流と言えますね。

他に長友選手が書かれた書籍は、「上昇思考幸せを感じるために大切なこと」 ・「長友佑都 体幹×チューブトレーニング」とあります。

最も売れているのは…

スポーツが著者になっている書籍の中で最も売れているのは、1982年に発売されている、「プロ野球を10倍楽しく見る方法」(江本孟紀)です。

皆さんも、是非手に取ってみてください。

スポンサーリンク

プレスポクラブの募集

プレスポクラブの募集
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。

関連記事はこちら。

023:第3回アンケート結果:スポーツ関連費用
第3回アンケート:あなたのスポーツ関連費は?の結果発表です。
続きはこちら
022:大学野球リーグ
ドラフトでも色々な大学の野球リーグからの選手が指名されましたが、どのようになっているのでしょうか?どこの野球リーグの選手が多いのでしょうか?
続きはこちら
018:日本のお家芸とは
スポーツ庁の政策、鈴木プランとは?日本のお家芸とは?
続きはこちら
017:アンケート結果:オリンピック新競技見たいのは?
第2回アンケート:オリンピック新競技見たいのは?の結果発表です。
続きはこちら