リオオリンピックの競技数

更新日:2016年7月5日
オリンピック, 雑学

リオオリンピックの競技数、知っていますか?

みなさんは、リオオリンピックの競技数を知っていますか?

リオオリンピックの競技数は28競技なんです。

「28競技!?」、「そんなにすくないはずはない!!」とお思いの方、競技数と種目数を間違っているかもしれません。

オリンピックの競技数と種目数

ご理解いただいている方も多いかもしれませんが、例えば、陸上や水泳などなどが競技で、陸上100mや競泳50m自由形などが種目です。

そのため、競技数は28競技となっているんですね。

ちなみに、種目数は306種目です。

リオオリンピックの競技一覧

リオオリンピックの競技の一覧は以下の通りです。
陸上競技
水泳
サッカー
テニス
ボート
ホッケー
ボクシング
バレーボール
体操
バスケットボール
レスリング
セーリング
ウェイトリフティング
ハンドボール
自転車
卓球
馬術
フェンシング
柔道
バドミントン
射撃
近代五種
ラグビーフットボール
カヌー
アーチェリー
トライアスロン
ゴルフ
テコンドー

スポンサーリンク

プレスポクラブの募集

プレスポクラブの募集
無料でファンクラブを作成できます。 知り合いのスポーツ選手にも教えてあげてください。

関連記事はこちら。

023:第3回アンケート結果:スポーツ関連費用
第3回アンケート:あなたのスポーツ関連費は?の結果発表です。
続きはこちら
022:大学野球リーグ
ドラフトでも色々な大学の野球リーグからの選手が指名されましたが、どのようになっているのでしょうか?どこの野球リーグの選手が多いのでしょうか?
続きはこちら
018:日本のお家芸とは
スポーツ庁の政策、鈴木プランとは?日本のお家芸とは?
続きはこちら
017:アンケート結果:オリンピック新競技見たいのは?
第2回アンケート:オリンピック新競技見たいのは?の結果発表です。
続きはこちら